松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

暗闇の中の光なるキリスト

「お前と女、お前の子孫と女の子孫との間に、私は敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く」(創世記3:15)
 創世記三章には、人間の堕落の記事が出て来ます。仲の良かったアダムとエバは、神さまの前で互いを非難する二人になりました。さらに二人の罪は、自然界に大きな悪影響をもたらしました。本当に気持ちが暗く重くなる出来事が、創世記三章には綴られています。 しかしそのような暗闇の中に、神さまは光なるキリストをお送りくださることも約束しておられます。それが今日の聖句です。 「お前と女、お前の子孫と女の子孫との間に、私は敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く」 この言葉は直接的には蛇に対する裁きの宣告です。ところが、この言葉の中に突然「彼」という存在が出てきます。これが、来るべきメシアです。  使徒パウロは、この御言葉を受け、ローマの信徒への手紙の中で次のように語りました。「平和の神が、サタンをあなたがたの足元で速やかに打ち砕かれるでしょう。私たちの主イエスの恵みが、あなたがたと共にありますように。」(16:20)  エバの子孫とは神の子たちです。そして神の子たちは常にサタンの陣営からかかとを噛み付かれ、砕かれます。そこに、ヨブ記や聖書全体に出てくる「義人の苦しみ」というテーマ、「信仰をもったがゆえの苦しみ」というテーマがあると言われます。  義人が苦しむこと、それこそまさしく、私たちがサタンの陣営から贖い出され、神さまの側に導かれた動かない証拠なのだ、と聖書は教えているのです。 そして、この女の末裔としての「彼・メシア」が私たちに救いを与え、救いを完成してくださる、という福音がここに語られています。 私たちの救いは、壮大なスケールの中での出来事であることを教えられます。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1