松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

受肉の神秘を味わう

「言は肉となって、私たちの間に宿った。私たちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。…私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。律法はモーセを通して与えられ、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。いまだかつて、神を見た者はいない。父の懐にいる独り子である神、この方が神を示されたのである。」(ヨハネ1:14、16−18)
 今日の聖句は「言は肉となって、私たちの間に宿られた」という「受肉」の神秘を語っています。 これは、クリスチャンである者にとってはごく当たり前のことでしょうが、よくよく考えてみますと、物凄いことではないでしょうか?! ここに出てくる「宿る」という言葉は「テントを張る」とか「仮住まいする」という意味の言葉です。旧約聖書を読むと、神さまは会見の幕屋に臨在し、そして神殿に臨在なさったと記されています。 ヨハネ黙示録には、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となる。神自ら人と共にいて、その神となり」(21:3)と書かれています。ですから、いつか私たちも、モーセと同じように、いやイエスさまの弟子たちのように、顔と顔とを合わせるようにして神さまと交わる機会が約束されています。 父なる神さまの懐にいて親しく交わっておられた独り子イエスさまは、私たちに神さまのことを知らせるために来られたのです。イエスさまの人格と働き、そして教えを通し、神さまが一体どういうお方なのかを私たちに示されたのです。  ある人が「受肉とは、靴づくりの職人が自ら、靴になってしまう以上の出来事なんだ」と語っていましたが、今日、時間を取って「受肉の神秘」を味わい、神さまに感謝と賛美を捧げたいと思います。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1