松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

油の備えは大丈夫ですか?

「愚かなおとめたちは、賢いおとめたちに言った。『油を分けてください。私たちの灯は消えそうです。』」(マタイ25:8)
 主イエスが語られた、「十人のおとめ」の譬え話の一節です。この譬え話で主イエスは、賢いおとめと愚かなおとめを対照して語られました。 賢いおとめと愚かなおとめのちがいはどこにあったのでしょうか?それは、灯のための油の備えがあったかなかったかのちがいでした。 ところで、灯とは目に見えるものです。これに対して燃料の油がどれほど蓄えられているかどうかは周囲から隠されていて、目には見えません。でも、目立たない油を切らした途端に、灯は消えてしまいます。 日ごろ私たちは、人目に映るところで生活します。会社で働き、学校で学び、教会や地域社会で奉仕し活動します。そうした私たちの姿は、まさに灯のように人目につく部分でしょう。それに対して、そうした私たちの姿を支えているのが見えない部分、主イエスが問題にした油の存在です。しかも見えないだけでなく他の人が私に代わって用意できないものでもあります。 私は、この油に相当する一つが「人と人との関係」なのではないかと思います。 夫婦の関係や親子の関係、家族の関係や職場や学校での人間関係です。場合によっては「自分自身との関係」ということもあるでしょう。自分の心や体をどうケアしているか。自分が抱える心配事や悩みとどう向き合っているか。そうした意味での「自分自身との関係」も大切です。そしてさらに聖書は、「神さまとの関係」についても教えます。こうした「関係」という油を切らしてしまうと、私たちは必ず行き詰ってしまいます。 主イエスは、夫婦の関係や親子の関係、そして神さまとの関係を油にたとえ、他の人があなたに代わって準備することのできないものとしてお語りくださったのです。 今、あなたの油の備えは大丈夫ですか?
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1