松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

信仰の自立

「行って来なさい。私があなたに何をしたというのか」(列王記上19:20)
 今日の聖句は、預言者として召された時のエリシャが、家族や両親に別れの挨拶をしたいと願った時に、そのエリシャに向かってエリヤが語った言葉です。  エリシャにとってエリヤとは、自分を献身に導いてくれた大切な先輩預言者で、今後も指導を仰ぐべき師でした。ところが、そのエリヤの口から「私が何をしたのか」と、突き放すような言葉が飛び出したのです。 何故でしょう?それは、エリシャを自立させるためだったからです。 預言者の歩みには困難がつきものです。だから御言葉と祈りを通して神さまにつながり、その都度具体的な導きや解決、励ましや慰め、癒しを、直接、主なる神さまからいただかなければ、預言者としての歩みは務まるものではないことを、誰よりもエリヤ自身が経験していたからなのです。そうでなければ、すぐに自己憐憫や責任転嫁で、問題の解決をはかろうとしてしまうからなのです。 少し冷たいように聞こえますが、エリヤは「私が、あなたに何をしたのか」と突き放す言葉に聞こえる、この言葉によって、若いエリシャを師である自分にではなく、直接神さまにつなげたかったのではないでしょうか。祈りを通して、主なる神さまと直接交わり、つながることを経験し、主なる神の祝福にあずかる術を、若いうちに、預言者の見習い期間中に、ぜひとも経験してほしいと考えていたからなのです。  列王記によれば、エリヤの、この言葉を聞いたエリシャは「立ち上がり」「従い」「仕えた」と書かれています。具体的には、エリシャは立ち上がり、先輩エリヤに仕えることで神にお仕えすることを学んでいきました。 「立つ」「従う」「仕える」という動作を表わす三つの言葉は、実は私たちクリスチャンが主イエスに従い歩んでいく時にも、繰り返し求められる動作なのです。あなたはどうですか?
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1