松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

カチンとくる人に出会ったら

「忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ」(ローマ15:5)
 イスラエルが飢饉に襲われていたある日、一人の若者が野に草を摘みに出かけました。そして、うりをたくさん採って帰って来ました。ところが、それが毒うりで、それを知らずに鍋の中に入れたものですから、その毒が煮物全体に広がってしまいました。 列王記下4章を見ますと、この出来事に対処した預言者エリシャの姿が見事なのです。 彼が何をしたかと言えば、聖書は、麦粉を持ってくるように求め、それを煮物に振りかけて毒を消したと伝えています。 普通でしたら、「若い者は経験がなく、毒うりの区別もできない。危険な目にあわせて、一体何を考えているのだ」と、説教したかもしれません。 ところが、エリシャはちがっていたのです。「若い人が経験がないため失敗するのは当然だ。私たちも失敗を繰り返しながら一人前になってきた」と言って、問題を神さまの御前に差し出し、神さまに毒を消していただいたのです。 神さまのため、人のためを思い一生懸命やろうとしても時に失敗することがあります。そんな中、エリシャは一言も小言を口にしませんでした。頭ごなしに命令をすることもありませんでした。むしろ失敗した若者をかばって祈り、よかれと思ってやった、その「思い」を受けとめたのです。そのような時、裁き心をもって小言を言うなら愛は伝わらず、交わりは破壊されます。 こんな時、あなたならどうしますか?エリシャは、これまで神さまが愛と忍耐をもって自分と接し育ててくださったように、周囲の人々にもそう振る舞おうとしました。こうした関係の中で初めて、神さまの愛の御業が前進していくのだと思います。 高座教会は「四世代が喜び集う教会」を祈り求めています。カチンと来る人に出会ったら、今日の御言葉を思い出してください。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1