松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

信仰の先輩パウロに学ぶ

「私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神があなたがたと共におられます。」(フィリピ4:9)
 フィリピの信徒への手紙を書いているパウロは、この時、ローマの獄中にいました。自分のお金で一軒の家を借りて住み、彼の右の手には鎖がかけられ、ローマの兵士の左手につながれていたと思います。ローマの兵士は一日二交代で彼を監視していたと思われます。ところが、そうした中、そのローマの兵士たちの内から、パウロとの二十四時間の生活を通してイエス・キリストを信じる者が続々と起こされていったのです。しかも皇帝の親衛隊の中にもイエス・キリストを信じる者たちが起き、皇帝の役人たちの中にも福音が広がっていきました。このようにして、当初、考えもしなかったような仕方で、ローマに福音が伝えられ、広がっていったのです。 この時のパウロは、限られた生活スペース、限られた自由の中にいたのですが、彼自身の生き方の姿勢はとても前向きだったと思います。主にあって志を持って生きていたことが分かります。そうした中で語られたのが今日の聖句です。 「私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことを実行しなさい。そうすれば、平和の神があなたがたと共におられます。」 まさにパウロは積極的に神さまの目をもって自分自身を見、周囲を見、そして自分が置かれている状況を見、ローマ社会全体を眺めていたのです。その結果、キリストの中にある喜びで心が満たされ、誰よりももっと自由に、積極的に、主に仕えて生きる思いが与えられていました。 今日、できたら時間を見つけ「喜びの手紙」であるフィリピ書を一気に読み切ってみませんか。パウロの姿勢に何を学び、受け、聞き、見ることが出るでしょうか?その中のどれか一つを、あなたの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1