松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神の武具を身に着ける

「悪魔の策略に対抗して立ち向かうことができるように、神の武具を身に着けなさい」 (エフェソ6:11)
 あなたは「悪魔なんて本当にいるのか?」と思ったこと、ありませんか? でも、聖書は悪魔の存在を教えます。では聖書は一体どのような者として教えるでしょうか。ヘブル語で「サタン」、ギリシャ語では「アンティディコス」という言葉が使われていますが、これは「訴える者」、「敵対する者」、「試みる者」という意味があります。 一言で言えば悪魔とは、神と私たちの関係を破壊する者です。そのことを目的として生きているわけですから、最初から私たちの心が神さまから離れているような状態にある時、悪魔は強く働きません。でも、私たちが「御言葉に真剣に生きていこう」と、クリスチャンとして自覚的に生きることを始めた途端、〈これは大変だ!〉と、目の色を変えて動き始めるのが悪魔なのです。 悪魔が目の色を変えて動き出すのは、私たちが「隣人を愛しなさい」という御言葉を学ぶだけではなく、御言葉に従って、〈現実に、隣人を愛そう!〉とし始めた時です。学ぶことで満足している状態では、悪魔はまだ安心なのでしょう。 しかし、私たちが〈隣人を愛そう!〉と始める時、悪魔も活動を始めます。 ところが、私たちが御言葉に生きようとすると、そうできない自分に出会う経験をします。そのような私たちに向けて語られているのが、今朝の聖句です。 「悪魔の策略に対抗して立ち向かうことができるように、神の武具を身に着けなさい。」私たちの無力さを素直に認め「神の武具」で身を固めつつ、神により頼み、その偉大な力によって強くされていきなさい。その結果、愛せない自分が愛の人へと変えられていくように、とパウロは説くのです。実は、こうしたことほど、悪魔の嫌がることはないのです。 あなたは、神の武具(エフェソ6章参照)で身を固めていますか?
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1