松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

「なぜ?」から「なにを?」へ

「あなたがたのために立てた計画は、私がよく知っている―主の仰せ。それはあなたがたに将来と希望を与える平和の計画であって、災いの計画ではない。」(エレミヤ29:11)
 天才サーファー、ベサニー・ハミルトンさんの実話をもとにした映画、『ソウル・サーファー』を観たことがあります。  彼女は13歳でサメに襲われ、左腕を食いちぎられてしまうのですが、その後、立ち直って、現在は数々の大会で活躍しています。  しかし、そこに至るまでは大変な苦労がありました。片腕を失い、もう自分はサーフィンを諦めなければならないのではないか、という絶望感に襲われた頃、教会の中高校生会のユースリーダーに訴える場面があるのです。それは、「何で自分だけがこんな目に遭わなければならないのか」ということでした。  彼女の自叙伝にも、「みんなの前では、何食わぬ顔をしていたが、平気な振りができないときもあった。『何故、私がこんな目に?』と一秒ごとに考えてしまうのだ」と彼女は語っているそうです。  その時、ユースリーダーはベサニーの訴えに真剣に耳を傾けるのですが、その時、彼女がベサニーに贈ったのが今日の聖句です。  ユースリーダーは、この聖書の言葉を示し、「何故、神さまはこんな目に?」ではなく、「この出来事を通して、神さまは何を」と問うようにとアドバイスするのです。 英語で言うならば、「なぜ?」という問いかけから、「なにを?」という問いかけに、彼女の人生がシフトしていくのですね。 もし、あなたも何か大きな問題や困難に出会うような時、今日の聖句を思い出してくださいね。そして「なぜ?」という問いかけから、神さまの御業、御計画に期待して、この出来事を通して「なにを?」と祈り求めていきましょう。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1