松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

愛の心と具体的スキル

「ところが、旅をしていたあるサマリア人は、その場所に来ると、その人を見て気の毒に思い、近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分の家畜に乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』」(ルカ10:33−35)
 以前、ペルーでキリスト者学生会(KGK)の主事をなさっていたJ.ホワイト先生は、学生時代、英国の医学部で学び、後に精神科医になり、その後、献身して南米のキリスト者学生会の主事になった方です。 ある時、奥様が手術を要する重い病にかかったことがありました。先生はどの友人(医師)に妻を託そうかと真剣に考えました。その際、選ぶ上で二つの条件を考えたそうです。 一つは、その人が複雑な手術を行うだけの知識と技術を持ち合わせていること。二つ目に、その医師が心から治してあげたいという思いを持っているかどうか、ということでした。この二つを満たす医師を選び、奥様を託し、幸い手術は成功し病は癒されたそうです。 主イエスが語られた善きサマリア人も二つの条件を満たす人でした。瀕死の重症を負って倒れている人を介抱する救急法の知識や技術、宿賃を払う蓄えがあり、しかも心から「助けたい」という愛の心を備えていたのです。 知識や力があっても、意思がなければ行動に移せません。逆に助けたい思いだけでも、助ける術を知らなければ、思いは空回りするだけでしょう。愛の心と具体的なスキルの両方を備えていたサマリア人は用いられたのです。  スカウト活動のことを考えるたびに、私は「善きサマリア人」が心に浮かびます。私たちも、教会の子どもたちと共に、神さまから愛の心と具体的なスキルを身につけていくことができたら素晴らしいのではないでしょうか。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/WDnZjb3PRduwduQJ8
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1