松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

自分のこととして信仰をとらえる

「しかしこのほど、わが神、主は…」(列王記上5:18)
 高座教会は「四世代が喜び集う教会」を祈り求めています。私は一代目クリスチャンですが子どもたちは二代目クリスチャンです。そして教会全体を神の家族と捉えるならば、皆様の中には四代目クリスチャンの方も結構おられるように思うのです。そうした場合、信仰が受身的、ただ単なる習慣になってしまう恐れがあります。  ある時、イエスさまも、12弟子を前に「人々は私のことを誰だと言っているか」と尋ねました。私たちは、父母、あるいは祖父母の世代から受けた恵みを、もう一度、自分のこととして受け止めることが必要です。 ソロモンは、父親ダビデの信仰を、自分のこととして受け止めていたということです。そのことを物語る言葉がもう一つあります。それは「わが神、主」という表現です。 普通でしたら「私たちの神、主」と言ってもよかったでしょう。なぜ、「私たち」とは言わずに「わが神/私の神」と言ったのでしょうか。主なる神さまは、確かに父親ダビデの信じた神であることは間違いないのですが、同時に、今の自分を支え、生かし、救い、守り、導いてくださるお方として、ソロモンは主なる神さまとの出会いを経験したのでえす。 ですから、「わが神、主」という表現の仕方は、まさに「神の孫」から「神の子」に脱皮し、ぶどうの枝である父親ダビデにつながり、恵みのおこぼれをいただく歩みから、ぶどうの木である神に直接繋がり、直接、聖霊の栄養をいただいている、その恵みに感謝するように、「わが神、主」と告白しているわけなのです。「私の」と言って、神さまを独り占めしているわけはありません。そうではなく、むしろ主体的に主への信仰を表明して生きている姿があるのです。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1