松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

沈黙して主に向かえ

「主に信頼し、善を行え。地に住み、真実を育め。主を喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。あなたの道を主に任せよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。主はあなたの正義を光のように/あなたの公正を真昼のように輝かす。主の前に沈黙し、主を待ち望め。成功の道を行く者/謀(はかりごと)を遂げる者に怒りを燃やすな。」(詩編37:3−7)
 つい先日まで私は、クリスマスのメッセージの準備に追われる毎日を送っていました。そうしたなかで与えられたのが、今朝に聖句です。  私たちは神さまのことを、「天の問題解決者」、「願いを叶えてくださるお方」として受けとめていることが多いかもしれません。ですから、問題がなかったり、特に願い事もなければ、神さまに祈らなかったり、祈っても形式的な祈りになりがちです。  でも、今朝の詩編を読むときに、詩人は、神さまのことを、単に、問題を解決し、願いを叶えてくださるお方としてではなく、「主を待ち望め」とあります。新共同訳聖書では「主を待ち焦がれよ」と訳されています。待ち焦がれる、愛しい方として、神さまを受けとめていることが伝わってきます。  人間関係でもそうでしょう。お願いする時だけ連絡を取る関係でしたら、その人との交わりはそれ以上深まりません。神さまとの関係も同じなのではないでしょうか。  神さまは聖書を通し、あなたにご自身のことを語っておられます。あなたの心に願いがあるように、神さまの心にも願いがあり、ご計画があります。悲しみや痛みもあります。もしかしたら、その悲しみや痛みの原因が、あなたにあるかもしれません。  詩人は「主の前に沈黙し、主を待ち望め」と勧めています。この年も、あと数日で終わろうとしています。  今日どこかで時間を取って、「主の前に沈黙し、主を待ち望め」との詩人の勧めに応えてみてはいかがでしょうか。
 いってらっしゃい。
 牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1