松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

これからもキリストにつながって

「私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。私を離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネ15:5)
 2021年も主に守られて、最後の日を迎えることができました。 昨年来、コロナウィルス感染症による世界的パンデミックに襲われ、本当に様々な経験をさせられてきました。確かに日本では新規感染者数が抑えられ、落ち着きを見せていますが、隣国の韓国をはじめ、欧米では第六波の真っただ中、しかもオミクロン株による感染も始まっています。  さて、ある日、主イエスがベタニヤにマルタとマリアを訪問された際、もてなしのことで夢中になり、自らを見失っていたマルタに対し、「あなたはいろいろなことに気を遣い、思い煩っている。しかし、必要なことは一つだけである。マリアは良い方を選んだのだ」と言われました。口語訳聖書では、「無くてならぬものは一つだけ」と訳されていますが、マリアが選んだ「無くてならぬもの」とは主の御心を行うということでした。  ぽかぽかの小春日和の柔らかい日差しがレンズによって焦点が絞られると、物を燃え上がらせるエネルギーとなります。同様に御言葉と祈りによって神さまの御心に焦点が絞られていく時に、私たち自身の罪深さ、弱さにもかかわらず、それを赦す神さまの心の大きさ、愛の深さ、恵みの大きさに心がフォーカスされ、恵みと平安で心が満たされていくのです。  そして、このフォーカスされた人生を送るために、イエスさまは「私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。私を離れては、あなたがたは何もできないからである。」と常に語り掛けてくださっているのです。
 2022年に向けて、いってらっしゃい!
 牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1