松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

仕える喜び

「あなたがたのうちでいちばん偉い人は、仕える者になりなさい。」(マタイ23:11)
 父親はよく日曜大工をしていました。棚を取り付けたり、ちょっとした本棚を作ったり。とても器用でした。父のそばで、その作業を何十分でも見ていて飽きることがありませんでした。そして、ちょっと父親がいなくなった隙に、ノコギリで板を切ってみたり、釘を打ってみたりしました。余計なことをした時は叱られたのですが…。 そして、父親に余裕のある時、実際にノコギリを使わせてくれ、また釘を打たせてくれたのです。今でも忘れられない思い出となっています。 おままごとで遊ぶ子どもに、台所で実際に包丁を持たせ手伝わせると、それは彼らにとってとても大きな経験となることでしょう。 実際、親からしたら、自分がやってしまった方が素早くできる作業を、面倒で時間がかかり、できばえが上手くなくても、子どもにノコギリを持たせ、包丁を持たせることで、作る喜び、生み出す喜びを分かち合うことができるのです。 主の弟子として奉仕すること、主の弟子として証しすることも、同じです。 イエスさまを証しする伝道の働き。生きる上での問題が解決され、必要が満たされていく愛の働き。それらは元々父なる神さまの働きです。 ひとが悔い改め、生き方を方向転換していくときに、天で大きな喜びがある!と主イエスが言われたほどの喜びに私たちはあずかるのです。 上手にできないかもしれませんが、それが尊い、主にあって意味ある働きであり、何よりも、神さまの喜びに与ることのできる働きであることを知るとき、私たちは、そうした主の働きに用いられたいと思います。 今、あなたは何をもって主にお仕えしていますか?
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1