松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

主イエスに似た者として

「霊の結ぶ実は、愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制であり、」(ガラテヤ5:22−23)
 今日の聖句を原文で読むと興味深いことに気づかされます。「霊の結ぶ実」の「実」が「一つの実」と単数形で書かれています。これは愛の実から始まり、次に喜びの実、平和の実というように九つの実を結ぶというのではなく、生活の様々な場面で、聖霊の実の現れ方が変化するということでしょう。 さらに教えられることがあります。「節制」以外は、どれも横との人間関係において現れてくるものだということです。 聖書は、ぶどうの木であるキリストにつながり、聖霊の実を結ぶときに、人との交わりのさまざまな局面において、ある時は、人の喜びを心から一緒になって喜ぶことが出来ること、また、ある場面では、親切を必要としている人に対して、心からなる親切をもって接することが出来るなど、その場面々々において、聖霊の実が色々な形で現れてくるということを教えています。 このことを専門に研究した方がいます。それはリチャード・フォスターという先生です。この先生がお書きになったのが『スピリチュアリティー成長への道』という本です。 フォスターは、聖書から、主イエスの生涯には六つの特質が現れていることを発見しました。それは、祈る姿、罪と戦う姿、聖霊の力によって奉仕し病を癒やす姿、共感を持って人々を愛する姿、福音宣教に生きる姿、そして、体と魂が統合された姿だそうです。これら六つの特質は、聖霊の結ぶ実が場面ごとに九つのものとして表現されているのと、響き合うように思います。 ぶどうの木であるキリストにつながり続ける中で、私たちの生活の中にもそうした恵みの現れが溢れ出て来ますようにと祈ります。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1