松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

情報過多の時代

「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、人に踏みつけられ、空の鳥が食べてしまった。」 (ルカ8:5)
 主イエスの「種を蒔く人のたとえ」の一節です。この譬えのポイントの一つは、種の小ささです。種が小さく目立たない。ですから、小さなものは、時として、後回しにされてしまいます。 ある幼稚園の園長が、こんな話をしていました。 「今の時代は、戦時中のように、『他人を殺して戦え!』と言うかわりに、『命を大切にしよう!』と大きな声で言える。また、子どものために必要な食物と環境を用意してあげることにさほどの苦労もない時代なので、『健康に生きよう!』と言ってあげられる。また価値観が多様化し、個性尊重の時代の中で、『自分らしく生きよう!』と、しっかり伝えることも出来る。今でも世界のあちらこちらには、そんな風に言ってやりたくても、そうすることの出来ないお母さんたちも大勢いる中で、今の日本は何と自由で恵まれているだろうか。」 さらに、話は続きます。「こうした豊かな時代である反面、子育てに極度の疲れを覚え、苦闘しているお母さんたちが多い。こうした困難さの背景には《情報過多》があり、そして《拠り所の喪失》、という二つの理由を専門家は挙げているのだ」と。 何を信じてよいか分からない。その結果、子育てに疲れを覚え、子育ての不安の中に置かれるというのです。 考えてみますと、これは子育てに限ったことではありません。今、私たちの周囲には情報が溢れています。その結果、クリスチャンであっても、いつしか《聖書の言葉の価値》が小さく思えてしまうことがあります。主の蒔かれる種は小さいのです。御言葉の種に比べ、周囲の声、私たちへの誘惑の声は大きく聞こえることがあるのです。 御言葉の種に対する私たちの姿勢が問われるように思います。
いってらっしゃい
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1