松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

御心を求める祈り

「父よ、御心なら、この杯を私から取りのけてください。しかし、私の願いではなく、御心のままに行ってください。」(ルカ22:42)
 今日の聖句は、イエスさまが十字架におかかりになる直前に、ゲッセマネの園で捧げられた祈りの言葉です。ここで主は、父なる神さまの御心を求めていることがはっきりと分かります。 ある人が言っていましたが、時として私たちは神さまを自動販売機のように考えてしまうことがある、というのです。 コインを入れるように、様々な祈りをして、神さまからの恵みを期待する。神さまを恵みの自動販売機のように、神さまを自分の目的のために利用し、極めて利己的な祈りをすることもあります。 でも、今日の聖句に現れているイエスさまの祈りの姿勢は、それとは正反対です。 私たちは、このイエスさまの姿勢を通して、祈りというのは、自分に都合よく周囲を動かし、場合によっては神さままでも動かして、自分の願いを実現することではなくて、むしろその逆で、神さまの御心に触れて私自身が神さまの御心によって動かされていくことであると教えられます。 ある方が証ししていましたが、一生懸命、相手が変わるように祈ったそうです。でも、結局、相手は変わらなかった。そうした中で、ある時、自分が変わらなければならないことを示されて、そのことを祈り始めた。すると不思議と、相手が自分の非を認め、反省し変わり始めた、というのです。 その方は言っていましたが、相手を変えることは私たちの仕事ではなくて、それは神さまの仕事。そこに口出しするような祈りは、結局は、聴かれない祈りなのですね、と。 私たちが祈る時に、それは私の都合で物事や人を操作するために祈るのではなく、むしろ祈りの中で神さまの御心やご計画に触れるために祈るのです。なぜなら、そのこと(御心)こそが世界で一番、最高なことなのですから。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1