松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

アナニア

「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らの前に私の名を運ぶために、私が選んだ器である。」(使徒言行録9:15)
 ウイリアム・バークレーは、「キリスト教会で忘れられたヒーローの一人がアナニアである」と言っています。 アナニアは、獰猛な狼のようなサウロが、エルサレムの祭司長から権限を受けて、教会を荒らしにやってきたことを知っていました。ですから幻による主からの語りかけを聞いても、すぐに従うことはできませんでした。彼はサウロを恐れていたからです。迫害者サウロを教会の交わりの中に招き入れることは自殺行為になりかねません。 ところが、恐れを抱くアナニアに対して主は、「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らの前に私の名を運ぶために、私が選んだ器である。私の名のためにどんなに苦しまなくてはならないかを、彼に知らせよう。」と語られたのです。  興味深いことに、ここには「私」という言葉が繰り返し出て来ます。「私の名を運ぶため」「私が選んだ器」「私の名のためにどんなに苦しまなくてはならないか」、そして原文には「彼に知らせよう」の前にも「私は彼に知らせよう」と「私」という言葉が出て来ます。つまり「この件に関し、私イエスがすべて責任を取る」と言うことです。 この幻が示され、アナニアは出掛けて行ったのです。主イエスに全ての心配を委ね一歩踏み出しています。  もう一つ教えられることは、アナニアがサウロにかけた最初の言葉が「兄弟サウロ」だったことです。アナニアの方からサウロを兄弟として受け入れ、和解の手を差し伸べました。 サウロにとっては、「兄弟」という言葉が、回心した後にクリスチャンの口から最初に聞かされた言葉だったのです。 迫害者が「兄弟サウロ」と呼ばれ、神の家族として受け入れられた。あの放蕩息子が雇い人の一人としてではなく、息子として受け入れられたように、サウロも兄弟として受け入れられたことを知ったのです。 これによりサウロの視力は回復し聖霊に満たされていきます。そして、しるしとして洗礼を受けていくことになったのです。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1