松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

霊の結ぶ実を求めて

「肉の行いは明白です。淫行、汚れ、放蕩、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、怒り、利己心、分裂、分派、妬み、泥酔、馬鹿騒ぎ、その他このたぐいのものです。以前も言ったように、ここでも前もって言いますが、このようなことを行う者は、神の国を受け継ぐことはありません。」(ガラテヤ5:19―21)
 ある日、エリヤが「あなたはここにとどまっていなさい」と言ったのに対してエリシャは「私はあなたを離れません」と真剣に食い下がったことが聖書に出て来ます。 何故、エリシャは食い下がったのでしょうか。それは、彼の中に切実な願いがあったからです。その願いとは、エリヤに働く聖霊が欲しかったのです。 ところで、時々、信仰生活を誤解している方と出会うことがあります。一生懸命、知識を増やし、学びをするのですが「喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」というような聖霊の実が見えないのです。 クリスチャンであっても、ぶどうの木であるイエスさまにつながらない時には、どんな実を結ぶでしょうか。パウロは、そうしたクリスチャンの姿を「肉の行い」と呼び、次のように言っています。 「肉の行いは明白です。淫行、汚れ、放蕩、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、怒り、利己心、分裂、分派、妬み、泥酔、馬鹿騒ぎ、その他このたぐいのものです。以前も言ったように、ここでも前もって言いますが、このようなことを行う者は、神の国を受け継ぐことはありません。」 二十年も三十年も信仰生活をしていれば、今日の聖句については、知識としてよく分かっていることでしょう。でも、本当に知りたいことは「肉の行い」が何かではなく、どうしたら「霊の実」を私たちの内側にもたらすかということです。答えはぶどうの木であるキリストにつながること、キリストと生きた交わりの中に留まり続けることなのです。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1