松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

身をかがめるイエスさま

「イエスはかがみ込み、指で地面に何か書いておられた。しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。『あなたがたの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。』そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。」(ヨハネ8:6−8)
 女性が姦通の罪で捕らえられた場面です。 「イエスはかがみ込み、指で地面に何か書いておられた」と書かれています。それまで女に集中していた人々の全ての視線が、その瞬間、かがんだ主イエスの背に向けられていきました。人々の好奇と冷酷な視線が女から離れていったのです。 主イエスの、そうした身をかがめる姿勢は、あたかも、ご自分の前に連れて来られた女性の背負った重荷をご自分が背負おうとしているかのように見えます。 実は、ここに出て来る「かがめる」という言葉には、「引き受ける」という意味があります。彼女の過ち、その苦しみを引き受けるように身をかがめておられるように見えるのです。 主イエスというお方は、このようにご自分の身をかがめ、人を受け入れておられるのです。しばらくすると、身を起こし、「あなたがたの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と言われ、再び身をおかがめになったと聖書は伝えます。 それを聞いた人々は、黙ったまま一人、また一人と立ち去ってしまった。最後に彼女と主イエスの二人だけがそこに残されました。 主イエスは、「女よ、あの人たちはどこにいるのか。誰もあなたを罪に定めなかったのか。」と尋ねると、彼女は「主よ、誰も」と答えます。すると「私もあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはいけない。」と、敗北が宣言されていた彼女に敗者復活の宣言をされたのです。主イエスは、このようなお方なのです!
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1