松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

数えよ、主の恵み

「見よ、イスラエルを守る方は/まどろみもせず、眠ることもない。主はあなたを守る方。/主はあなたの右にいてあなたを覆う陰。昼、太陽があなたを打つことはなく/夜、月があなたを打つこともない。主はあらゆる災いからあなたを守り/あなたの魂を守ってくださる。主はあなたの行くのも帰るのも守ってくださる。/今より、とこしえに。」(詩編121:4−8)
 私は子どもの頃、体が弱く、しょっちゅう熱を出しては学校を休むような子どもでした。今は、皆さんの祈りに支えられ、風邪もひかなくなりました。それでも調子を崩し、布団に横になっている時など、改めて健康のありがたさを覚えることがあります。そして、いつの間にか何でも当たり前になってしまっている自分に気付き、ハッとさせられるのです。 当たり前のように起きて、当たり前のように一日を過ごし、当たり前のように夜を迎える。しかし、今日の詩編の作者は、信仰の目をもって、この「当たり前」の背後に神さまの守りの御手があることを、見ています。 考えてみれば、「当たり前」というのは恐ろしいものです。恵みだったことが、いつしか不満の原因になることさえあります。ですから詩人は、「あなたを守る」方が「あなたの魂を守ってくださる」方であることを告白しながら、心の中心である魂で、大切な神さまの御言葉を受け止めることができるように、と祈っているのだと思うのです。 このような視点をもって、日常生活を見渡すと様々な恵みに溢れていることに気付きます。そして、その信仰の目を神さまに向ける時、最大の恵みのプレゼントであるイエスさまと出会うのです。 ところで、今日、あなたの周りに、どんな恵みが用意されていますか?それらを一つひとつ捜してみてください。そのようにして、あなたの心が、感謝と喜びで満たされますようにと祈ります。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1