松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

ご覧になり語りかけてくださるイエスさま

「イエスは、ガリラヤ湖のほとりを通っていたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、『私に付いて来なさい。人間をとる漁師にしよう』と言われた。」(マルコ1:16−17)
 宣教の初めに主イエスは、四人の人を弟子としてお選びになりました。イエスさまがお選びになった四人はいずれも漁師たちです。聖書は、主イエスが、彼ら四人の漁師をご覧になったのだ、と伝えています。その時の彼らの動作、額に刻まれた皺、ごつごつとした手、日常生活に疲れたその背中をとおして彼らの心をもご覧になられたと思います。このようにイエスさまとは「ご覧になるお方」です。そうした上で、御声をおかけくださるお方がイエスさまです。 ところで、イエスさまの瞳に今のあなたの姿はどのように映っているのでしょうか? 今朝のあなたの姿、あなたの心を、もう一度、イエスさまに見ていただきましょう。 そして次に、見ていただき、そしてあなたのことを十分に知ってくださった上で、主イエスは、あなたに何と声をかけておられると思いますか。 その二つのことを、主イエスの御前に思い巡らし、今日の一日を始めてみてはいかがでしょうか。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1