松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

主の御前に立つ私

「主は私に告げられた次の言葉を実現してくださるであろう。『あなたの子孫が、誠実に私の前を歩もうと、心を尽くし、魂を尽くして、その道を守るなら、イスラエルの王座に着く者が絶えることはない。』」(列王記上2:4)
 聖書を読むと、最も偉大な王と呼ばれたダビデでしたが、彼は傲慢になり、人口調査の罪を犯し、多くの国民を犠牲にしたことがあります。姦淫の罪で霊的に堕落した経験もしました。そのダビデは妻にとっては夫であり、子どもたちにとっては親であり、イスラエルの民からすれば国のリーダーでした。当然、ダビデ個人の罪の悪影響が家族、国民にも暗い影を落としたことも事実です。 しかし、そうした中でも模範とすべき良い点もあります。それは何度でも悔い改め主の御前に立ち返り、主の取り扱いを受けつつ生涯を全うした点です。 誰もが最後の最後に神の御前に立たされます。ダビデは、そのお方と気まずい関係で天国の門口に立ちたくなかったのです。最後には顔を合わせるわけですから、いや、私が意識していなくても、実は常にそのお方の前を歩いているわけですから。ですから、そのお方とのわだかまりのない関係の中に歩むことを努めていたのが、このダビデだったのではないでしょうか。 今日の聖句を読むとき、ダビデが自らの歩みを振り返り、息子ソロモンに伝えている中心部分が「主の御前に立つ私」という信仰の姿勢だったことを教えられます。継承すべきは信仰、主なる神さまこそ真の王という信仰でした。 親として、祖父母として、信仰の先輩として、私たちは次の世代に何を遺そうとしているでしょうか。ダビデは「主のみ前に立つ私」という姿勢を貫き通していきました。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1