松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

いま、この時、あなたを生きる

「そこで、天の国は、十人のおとめがそれぞれ灯を持って、花婿を迎えに出て行くのに似ている。そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。愚かなおとめたちは、灯は持っていたが、油の用意をしていなかった。」 (マタイ25:1−3)
 ヘンリー・クラウドの著書、『聖書に学ぶ子育てコーチング』という本を読みました。ひと言で言えば、子離れ・親離れの本です。 赤ちゃんは、食事から始まり、排せつ、そして服の着せ替え、一から十まで親がかりです。そのように赤ちゃんの時には、一から十まで全部を親がやっていたように思っているのですが、実はそれは錯覚であるとクラウドは言います。ミルクを作り、子どもの口元まで持っていきます。しかしミルクを飲むかどうかは、誰であっても子どもに代わってやることのできない領域です。そんな中、私の心に「十人のおとめ」の譬えが思い出されました。 花婿が到着した時、用意のできている五人は花婿と一緒に祝宴の席に入り、用意の出来ていなかったおとめたちは油を買いに行く間に戸が閉められてしまったという譬えです。 イエスさまは、おとめたちに与えられた責任が晴れやかで大切な役割であることを確認していますが、一方、その役割を他人が代わりに引き受けられないたぐいの責任であることを教えています。 あなたも、家庭や職場や学校、あるいは地域社会の中で、他の人に代わってもらえない役割を担っていませんか。それはあなただけに与えられた特別な使命で、突き詰めて行けば、「今、このとき、あなたを生きる」という言葉で言い表せるかもしれません。 その使命に生きることは、ある意味で、祝宴の喜びを共にするように、人生で一回限りのかけがえのない時を生きることになり、実は、私たちは日々をそうした時として、生きているのだと思うのです。
いってらっしゃい
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1