松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

メメントモリ

「ヨセフは兄弟に言った。『私は間もなく死にます。しかし神は必ずあなたがたを顧み、この地からアブラハム、イサク、ヤコブに誓われた土地に導き上ってくださいます。』ヨセフはさらにイスラエルの子らにこう言って誓わせた。『神は必ずあなたがたを顧みてくださいます。その時には、私の骨をここから携えて上ってください。』」(創世記50:24−25)
 ヨセフは天国への引越しの時を迎えています。この時ヨセフがしたことは、愛する家族に「宝物」を遺すことでした。その「宝物」とは、信仰でした。 この短い遺言の中に二度も、同じ表現が使われていることに気づきます。「神は必ずあなたがたを顧みてくださる」ということです。信仰のこの確信をヨセフは子どもたちに伝えたかったのです。 教会に伝わる、「メメントモリ」、「死を覚えよ」という有名な言葉があります。中世の修道院では、この言葉を挨拶代わりに用いていたということです。 朝起きると、「メメントモリ、あなたは死を覚えていますか」と問われます。お昼に会っても「メメントモリ、自分が死すべき存在であることを忘れないでくださいね」。そして、夜、寝る時にも「メメントモリ、いつか必ず死にますよ」と挨拶を交わしたそうです。奇妙な、場合によっては気味の悪い挨拶に聞こえますが、実際にそのように挨拶を交わしたのです。 葬儀の奉仕をする時、心に悲しみを覚えると共に、私もしばらくしたら天に引っ越しをする者だ、ということを思わされることがよくあります。「メメントモリ」とは、そこから逆算し今を生きるように、という問いかけの言葉のように聞こえます。 この「メメントモリ」という言葉は、やがては天に引っ越していく、だからこそ、そのような者として今を生きるように、との投げかけのように心に響きます。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1