松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

倚りかからず

「イエスがヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、言った。『ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。」(マタイ2:1−3)
 茨木のり子さんの詩に「倚りかからず」という詩があります。
もはや/できあいの思想には倚りかかりたくない もはや/できあいの宗教には倚りかかりたくない もはや/できあいの学問には倚りかかりたくない もはや/いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて/心底学んだのはそれぐらい じぶんの耳目/じぶんの二本足のみで立っていて/なに不都合のことやある 倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ
この詩を読み、大きな衝撃を受けたことを今でも覚えています。もっと正確な言い方をするならば、挑戦を受けたように感じました。 同時に、その時、ルターの次のような言葉も思い出したことです。 「今、あなたが、あなたの心をつなぎ、信頼を寄せているもの、それがほんとうにあなたの神なのである。」 茨木さんの詩もルターの言葉も、問題となっているのは〈何に心をつなぎ、何に信頼を寄せてきたのか〉ということだと思うのです。 聖書を読むと、神さま以外のものに倚りかかりしがみついて生きている人と、イエスさまに全てを委ねて生きている人と、二種類の生き方をしている人々が出てくるように思います。片方の代表がヘロデ、もう片方の代表が博士たちです。前者の心は「不安」であり、後者の心は「平安」でした。 ヘロデの不安は大勢の幼い命を犠牲にし、博士たちは宝物を捧げた後も心が満たされていたのです。あなたはどちらですか。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/9evgJCh9dK7HtiNz6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1