松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

祈りから始める

「イスラエルの人々は、滅ぼし尽くすべき献げ物のことで背信の罪を犯した。ユダ族に属するゼラの子、ザブディの子、カルミの子アカンは、滅ぼし尽くすべき献げ物に手を出したので、主の怒りがイスラエルの人々に対して燃え上がった。」(ヨシュア7:1)
 イスラエルの兵士三千人の中にアカンという人物がいました。彼は「献げ物」を神さまのものとする代わりに自分のものとしてしまった。三千人の兵士の中で、アカン一人が欲に駆られてかすめ取ってしまったわけです。 でも、ここで一つ注意したいことがあります。聖書は、アカン一人ではなくイスラエルの民全体が罪を犯したこととして語るのです。 私はあらためて自分の罪、自分一人の不熱心が周りに及ぼす影響の重大さを知らされた思いがします。パウロは「あなたがたはキリストの体であり、一人ひとりは部分なのです」と言いました。「喜ぶ者と共に喜び、悲しむ者と共に悲しむ」と言いました。それは私たちが同じ一つの体に属することを前提にしています。  例えば、手が何かを盗み取ってしまった時に「お前は何てことをしたのだ」と言って手をたたき「私には関係がない」と言って知らん顔は出来ないと聖書は言うのです。 もっと言えば、良きにつけ悪しきにつけ、私たちは互いに影響しあって高め合うこともあり、足を引っ張り合うこともありうる。アカン一人の罪でありましたが、それは共同体全体に影響をもたらしたのです。 今、社会に様々な問題が起こっています。一見、私たちの生活と無関係のように見えますが、実はその責任の一端を私も担っているのです。心に留まる問題があったら、まず祈るところから始めましょう。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/j3zkw1Rccd6Y1bSg6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1