松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

神さまの目に映る姿

「イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。『あなたに欠けているものが一つある。…』」(マルコ10:21)
 ある日、一人の男が走り寄り、主イエスの前に跪き、「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか」。と尋ねました。 他の福音書には、彼は金持ちで、国会議員で、若さがあったことを伝えています。彼は他人が羨むようなものを「すべて」と言ってよいほど持ち合わせていた人物でした。 そうした彼がイエスさまを見つけるなり、走って来て、公衆の面前で跪き質問したのです。それは〈自らの人生に何か足りなさ〉と感じていたからでした。 イエスさまは、この彼を「見つめ」そして「慈しんで」「あなたに欠けているものが一つある」とおっしゃったのです。そして、「行って持っている物を売り払い、貧しい人々に与えなさい。そうすれば、天に宝を積むことになる。それから、私に従いなさい。」とチャレンジなさいました。 ところが、彼は、この言葉に失望しました。期待していたものではなかったからです。そして、悲しみながら立ち去ったのです。 人々はこの若者を称賛したことでしょう。お金があり、若さもあり、知恵に長け、地位もありました。将来も開けていました。人々は彼を羨望の目をもって見ていたのです。でも、もっと大事なことは、「イエスは彼を見つめ、慈しんでいわれた」とありますが、今の姿が、イエスさまの目にどのように映っているかということです。神さまの目にどのように映るのか、これこそが大切なことなのです。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/j3zkw1Rccd6Y1bSg6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1