松本雅弘牧師の日々のみことば

月曜から金曜の毎朝、高座教会の牧師からメッセージをお届けします

主の関心を私の関心とする

「弟子たちの間で、自分たちのうち誰がいちばん偉いかという議論が起きた。」(ルカ9:46)
 「誰がいちばん偉いか」と問う者の関心は、神さまではなく「自分」にあることは確かです。私たちは、何をするにも、最後までつきまとうのが、この「自分」です。私たちは、ここから、なかなか離れることができません。 会社でも、消費者のために汗を流すとか、会社に貢献するとか以前に、誰が出世するかが大きな問題となります。自分の賜物は何で、それをどのように生かしていけるか、ではなく、自分の成績がクラスで何番か、が重要になります。「他人よりも上か下か」が大きな問題です。 信仰の世界でも、悲しいかな「誰がいちばんか」、「誰が教会のことをよく分かっているか」、「誰が聖書のことがよく分かっているか」と競争が起こりかねないのです。 ある神学者が、信仰について次のように語っていました。 「神学とは、朝起きた時、神が何を心配しているだろうかと考え、神の心配事を神と共に心にかけることだ」と。言い換えれば、「信仰生活とはイエスさまの関心事が私の関心事になること」。 私たちがクリスチャンとして成長する時、今まで自分のことだけでしたが、隣人のことに心が向くようになってくることでしょう。何故なら、神さまがその隣人のことを心にかけて、「隣り人」として私の近くにおいてくださったからです。 この時の弟子たちが知るべき、イエスさまの関心事とは何だったのでしょうか。主のお働きは常に、相手の病や患いを身に背負う歩みでした。イエスさまの視線の先にある人、イエスさまが歩みだすその先にある人の苦しみ、それが、主が心にかけておられることだったです。この時イエスさまの歩みの先にあるもの、それは十字架でした。私たちの救いでした。私の家族の救いだったのです。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/j3zkw1Rccd6Y1bSg6
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1